ルーフテントのメンテナンス

イージーキャンパータワーのメンテナンス

ルーフテントのメンテナンス

①前後にあるギア部へグリース塗り

当社製のルーフテント用グリースをギア部などに塗ってください。
特にルーフテントの展開が楽になるでしょう。

ルーフテントのメンテナンス特に大事なのが、この部分のグリースです。
青色はルーフテントメーカーがつけたグリースで、クリーム色が自分が付け足したものです。
音が激しい時は付け足すと静かになったり、スムーズになることもあります。

ルーフテントの固定②Uスクリューのチェック

ルーフテントを固定するためにある、4~6個あるUスクリューを緩んでいるか確認します。

緩んでいるようだったら増し締めをします。

ルーフテントのレール部分

③レール部分をチェックします。

Uスクリューを通すためのレールの緩みを確認します。

1本に付き4箇所で固定してあり、レール側に四角のナット、ルーフテント内側のキルティング下にボルトの頭が隠れています。

ボルトを締める時キルティングをめくる(剥がす)か、カットをしなければなりません。

簡単に剥がれるので、剥がすほうをお勧めします。

きれいなキルティングを切ってしまうのは忍びないですから。

安全のため思い切って作業して下さい。

ルーフテントのメンテナンス

④キャリアの確認

ルーフテントを乗せているキャリアですが、タイプによってはどうしても緩んでくることがあります。

写真はハイエースですが、車種それぞれの固定部分を確認し、増し締めしてください。

ルーフテントのメンテナンス、ここに注目!

ここで特に注意していただきたいのが、③のレールの取り付けの確認です。新品でのご購入時も念のためチェック願います。

ここは、ボルトがキルティングの下にあるため気づき辛く、見落としがちです。しかし、ここはルーフテントとキャリアをつなぐ大切な場所です。これが外れてしまうとルーフテントが丸ごと飛んでいってしまいます。

キルティングを切るのは嫌なのは分かりますが必ずチェック&増し締めをしてください。

増し締めの際反対に回して、外れてしまうと非常に取付け難くなります。そのため絶対に左回りに回さないことです。また、最後にナット側にねじ止め材を塗っておくと緩み難くなります。

もちろん、キャリアやUスクリューのチェックも重要です。

ルーフテントのご質問、ご見学

ルーフテントを見たことがない、欲しいけど不安だ是非一度森と話してみたい、実際に見てみたいという人は是非ご連絡ください。

 

森に電話もしくはメールで連絡する