ルーフテントの取り付け方

旧型タワーの写真を引用していますが、内容は同じです。

ルーフテントの取り付け

1.写真のように洗車用脚立を車に直角になるよう置きます。

もちろん、洗車用脚立でなくても適当な高さの台なら何でもいいですがこれが便利です。

 

ルーフテントの取り付け2. ルーフテントのバランスがとれないくらいベースキャリアの後方に取り付ける場合は、この時点で補助キャリアをルーフテント後尾に仮止めするとよいです。

3本目のキャリアはルーフテント用キャリアを強くお勧めします。

 

ルーフテントの持ち上げ3. 洗車用脚立の上に一旦載せてから持ち替え、一気に持ち上げて自動車のキャリアに載せます。

 

ルーフテントを持ち上げる

ルーフテントの取り付け4.バランスのとれた位置にルーフテントを置きます。

 

 

 

 

ルーフテントの取り付け部品6.レールにボルトを差し込みます。

モデルチェンジ、機種によって少々変わってきますがl基本的には同じです。

 

 

 

ルーフテントの取り付けパーツ7.穴あきプレートとネジナットもしくは蝶ナットを使ってバーを挟み込み、軽く固定します。

 

 

 

 

ルーフテントの取り付け完了8. 位置を確認したら、ナットをきっちとしめます。

ナットは締めすぎないほうが良いでしょう。

これでルーフテントの取り付け完了です。

ルーフテントの取り付け、ここに注目

人力で持ち上げてのルーフテントの取り付けで必須なのが洗車用脚立です。

これは踏み台が長いのでルーフテントを一旦載せるのに最適です。

ルーフテントを洗車用脚立の載せてからその下に潜って、簡単に持ち替えることができます。

非力な森親子でも大丈夫ですし、今まで当社で取り付けられたお客さんは全員問題なく持ち上がっています。

 

3本目キャリアについて

ベースキャリア2本ですとバランスが悪い場合は3本目のキャリアをルーフテントの後部に仮に取り付けるとよいでしょう。

バランスが悪い場合は、支えていないと自動車の屋根にルーフテントが当たってしまいます。

3本目のキャリアを最後尾に仮付けしておくとそれを防ぐことができます。

ルーフテントのご質問、ご見学

ルーフテントを見たことがない、欲しいけど不安だ是非一度森と話してみたい、実際に見てみたいという人は是非ご連絡ください。

 

森に電話もしくはメールで連絡する